腹腔鏡下手術のメリットとデメリットとは

腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術のメリットとデメリットとは

腹腔鏡下手術のメリットとデメリットとは

手術時における、身体に与える負担が少ないことで人気の腹腔鏡下手術ですが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
反対にデメリットととして考えられるのは、どのようなものでしょうか。
メリットで挙げられる点は、分散した小さな傷で手術を進めるため、傷跡が目立たないや術後の痛みが少ないがあります。
他にも、早い回復が見込まれ入院期間の短縮や丁寧な手術進行が可能なため、術後の癒着が少なく出血量も少なくない点も挙げられます。
一方デメリットとして考えられる点は、強固または広範囲の癒着がある場合、手術中に予測外の出血が起こり止血が難しい場合です。
くわえて悪性腫瘍などが確認されたときには、腹腔鏡下手術では安全に終わらせることができません。
実際に手術を開始してから、このようなケースに遭遇する場合もあります。
遭遇した際には、執刀医の判断により開腹手術へ変更されます。
また、万全の態勢で腹腔鏡下手術が行われますが、手術である以上、合併症を完全に防ぐことも難しいです。