腹腔鏡下手術の利点と入院期間について

腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術の利点と入院期間について

腹腔鏡下手術の利点と入院期間について

腹腔鏡下手術は、お腹の中にポートと呼ばれる筒状の医療器具を挿入して行う手術法です。
ポートのひとつにカメラを入れておきお腹の中の様子をモニターに映し出すことで、病気を引き起こしている部分が分かります。
その後、鉗子及びメスを使って病巣を切除していきます。
腹腔鏡下手術で開ける穴はおよそ5mmから1cm程度で開腹手術をするよりも穴を開ける大きさが小さいことが特長であるため、手術の痕が小さくて済むことがメリットです。
高齢者の場合は、手術によってかかる負担を考慮して慎重に行われます。
また、呼吸機能に問題がある場合や病巣の程度によっては開腹手術に切り替えて行うこともあります。
ただ、入院期間については大幅に短縮されることがメリットであり術後3日から1週間で元通りの調子を取り戻すことができる点から有効な手術の方法として認知されました。
それから、手術後の痛みについてもほとんどないことから痛み止めの処方についてもほとんど必要ありません。

胃がんの腹腔鏡手術とは?【千葉のみつわ台病院】

乗り換えキャンペーンに今すぐご応募ください

最新記事