身体の負担が少ない腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術

身体の負担が少ない腹腔鏡下手術

身体の負担が少ない腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術とは、お腹に小さい穴を数箇所開けそこから機械を入れて画像を見ながらする手術の事です。
この腹腔鏡下手術の利点は、身体への負担が少なくすむことや、開腹手術に比べて手術痕が小さくすむことです。
手術痕が小さいので、術後の痛みも少なくすむと言われています。
また出血量も少ないです。
出血量が少ないので、輸血をするリスクも低いと言えます。
過去に私の両親もこの方法で手術した事があり、術後の回復も早く入院日数も短くすみました。
術後の痛みも少なく、鎮痛剤も比較的早く使用しなくなりました。
ただデメリットもあります。
それは高度な機械を用いてする手術のため、高額な費用がかかるということと、主治医の技術が必要とされることです。
画像が見えにくく、途中で回復手術に変更される場合も中にはあるようです。
ただそのデメリットを差し引いても、腹腔鏡下手術は価値のある手術であると言えますし、これからももっと幅広い手術で活用されるべき方法だと言えます。